1: pathos ★ 2019/02/21(木) 19:25:32.90 ID:My03jhA69.net
     日本高野連が20日、投手の球数制限について、専門家を交えた有識者会議を発足させることを決めた。高校球界だけでなく、プロ野球や米大リーグなどからもさまざまな声が聞かれた。

     早実高(東京)のエースとして、2006年夏の甲子園大会で948球を投じて優勝した日本ハムの斎藤佑樹投手「議論されるのはいいこと。世の流れに左右されるのではなく、高野連のかじ取りに期待している」と語った。

     横浜高(神奈川)で松坂大輔投手(中日)らを育てた渡辺元智前監督は「球数制限を導入するのであれば、足並みをそろえるべきだし、科学的な裏付けも必要。今回の日本高野連の判断は、まさにその通りだと思う」と歓迎。選手のけがを防ぐ対策は必要だとした上で「若い世代の野球人口を増やすためにも、どのような手法があるのかを含めて、幅広い議論をしてほしい」と期待した。

     米大リーグ、ドジャースの前田健太投手は「高校生は自分では(球数を)制限できない。大人が制限を設けてあげるということは大事なことだと思う」。PL学園高(大阪)時代に勝ちたいあまり痛みを押して連投した経験などを踏まえて話した。右肘故障からの復活を期すカブスのダルビッシュ有投手は「何でも挑戦した方が絶対にいい。新しいことを取り入れないと、球界自体も活性化していかない」と語った。
    https://www.sankei.com/sports/news/190220/spo1902200040-n1.html

    【日本高野連が有識者会議発足で、日ハム斎藤佑樹「かじ取りに期待」】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/03/15(金) 07:01:43.08 ID:gnPV0N5b9.net
     第91回選抜高校野球大会(23日から12日間、甲子園)に出場する32校の主将による「キャプテントーク」が14日、毎日新聞大阪本社オーバルホールで開催され、星稜(石川)がアンケートで16校の主将から優勝候補筆頭に挙げられた。出場36校中15票を集めた昨年の大阪桐蔭を超える数。山瀬主将は「奥川が凄いので、そういう評価をされたと捉えています」と苦笑いだ。

     最速150キロの絶対エースを擁するが、チーム打率は出場校で下から2番目の・286。「このままでは奥川に迷惑をかける。奥川一人のチームにはしたくない」と打撃向上を最大の課題とし、冬を過ごしてきた。初優勝へ向け、ドラフト1位候補右腕を手厚く援護できるか。32校の主将は15日、組み合わせ抽選会に臨む。

    2019年03月15日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/15/kiji/20190315s00001002026000c.html

    【センバツ ダントツV候補は「絶対エース奥川の星稜」、32校主将が投票】の続きを読む

    1: nita ★ 2019/03/11(月) 14:41:09.47 ID:Yda4sYWN9.net
    3/11(月) 12:41配信
    Web東奥


     23日から兵庫県西宮市で開幕する第91回選抜高校野球大会(センバツ)に出場する八戸学院光星ナインは11日朝、決戦の地に向けて青森県八戸市を出発した。同日中に大阪府の宿舎に入り、初戦に向けて調整を始める。

     同日早朝、同市美保野の同校野球部寮から選手たちが荷物を積み込み、選手、マネジャー、コーチ陣計63人がバスに乗り込んだ。

     仲井宗基監督は「冬場は土の上で野球をしていないので、現地で練習試合をこなして万全の態勢をつくっていきたい」と意気込んだ。東日本大震災から8年目となる同日の出発であることにも触れ「夢の甲子園を夢見ることもできなかった選手たちがいたと思う。自分たちには東北のそういう子たちの思いも全て背負い戦う義務がある」と語った。

     武岡龍世主将は「勝つ自信はある。謙虚にひたむきに、光星らしいプレーをして東北に力を与えたい」と力強く語った。

     光星がセンバツに出場するのは3年ぶり10回目。組み合わせ抽選会は15日に大阪市で行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000002-webtoo-l02

    【センバツで「東北に力を!」/八戸学院光星が甲子園に出発】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/02/22(金) 18:42:51.44 ID:ZWE4aWQk9.net
     中学生の硬式野球、ポニーリーグは22日、東京都内で理事会を開き、今年から1年生の大会で投手の投球数を1日85球までとする球数制限を導入することを決めた。今後は上級生の大会にも拡大する方針。

     米国で故障防止のため掲げられているガイドライン「ピッチ・スマート」で11~12歳の上限が85球と設定されているのに倣った。日本ポニーベースボール協会の那須勇元事務総長は「小中学生は育てる年代。いかに子どもたちの成長を守ってあげられるか。1年生は軟式から硬式へ移って間もない選手が多く、投球数制限が必要」と狙いを語った。

    2/22(金) 17:49配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000128-kyodonews-spo

    【中学生の硬式野球で球数制限 ポニーリーグ、1年生は85球】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/25(月) 06:25:40.49 ID:llAEbQXq9.net
    日本サッカー協会元会長で、日本トップリーグ連携機構会長としてアマチュア協会の改革を進める川淵三郎氏(82)が21日、自身のツイッターを更新。高知商ダンス同好会主催の有料発表会に野球部員が出演したことについて、問題視していた日本高野連が野球部長の処分を「不措置」としたことに言及。「当然の決定だと思う。学生野球憲章は『教育の一環としての学生野球』を強調していて他のスポーツとは一味違う感を醸し出している。今後は、時代にあった柔軟な対応に期待したい」とつづった。

     この問題は、高知商の3年生野球部員10人が昨年12月、ダンス同好会が入場料500円を取って校外で開催した発表会にユニホーム姿で出演。昨夏の甲子園にチアリーダーで応援してくれたことに対するお礼の友情出演で、全員が野球部を引退していたが、日本高野連は「参加は問題ないが、有料だったことが商業的利用に当たる」と指摘。ダンス同好会の顧問も兼ねていた野球部長の謹慎処分が相当と、日本学生野球協会審査室に上申していた。

     バスケットボール界の改革に携わった実績もある川淵氏は、甲子園などで入場料を取っていることとの整合性がとれないと主張。「500円取ったぐらいで、制裁する権利があるのか。高野連が絶対不可侵の神聖な場所であるかのように思っていること自体がおかしい」と怒りを込めて訴えていた。さらにスポーツ庁の鈴木大地長官が「個人的にはもう少し寛容になってもいい」と発言するなど、高野連の対応には波紋が広がっていた。

     最終的に高野連は20日、500円は施設使用に関する費用に充当し、学生野球憲章に抵触しないと判断した。

    2/21(木) 12:58配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000099-sph-base

    【野球部長「不措置」に川淵三郎氏「当然の決定。時代にあった柔軟な対応に期待」】の続きを読む

    このページのトップヘ